FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

Monongahela Incline

Lower Station of Monongahela Incline
かつてPittsburgh,PAにはMonongahela川左岸の"Coal Hill"に向けて多くのinclinesが敷設されていた。通常の旅客用鋼索線はfunicularと呼ばれ,区別は明確でないが,inclineは貨物用のそれを指すのが一般的である。これらの路線はCoal Hillが示唆するように当初は石炭輸送を目的としたようだが,一部は旅客転用されて,今日でも2路線が残り観光名所となっている。写真はそのうちの1路線,Monongahela Inclineの山麓駅である。

View from Monongahela Incline
1870年開業の複線交走式であるが,現存の鋼索線は単線交走式のものが殆どである。しかし単線交走式が初めて採用されたのは1879年のスイスとされ,1870年代までは複線が普通だった。写真はMonongahela Incline車内から,複線の軌道と1883年竣工のSmithfield St.橋を見下ろす。対岸はPittsburghの中心市街地である。(2019.11.17)

View from Monongahela Incline
日本で"incline"と言えば,琵琶湖疏水の通船用に建設された蹴上と伏見のそれが想起される。蹴上インクライン(延長500m,勾配67パーミル)の供用は1891年なので,既に単線交走式も可能だったが,通船台車の大きさから複線が選択されたものと思われる。しかし貨物用鋼索線自体に古い路線が多いことも手伝って,複線交走式をinclineと呼ぶと誤解しそうだ。道路敷に転用された伏見インクラインと異なり,蹴上インクラインは復原・保存されているが,鋼索用の誘導滑車は復原されていない。(日本地理体系「近畿篇」1929)
スポンサーサイト



Old Urban Economics

都市経済学の基礎は,von Thünenの農業国の枠組みを都市に援用したAlonso, W. (1964)に始まると言えるが,かつては「新古典派」における「新」と同様の意味で,「新都市経済学」と呼ばれていた。典型的には,都市のtopographicalな側面を捨象して,特徴のない平野における単一中心都市の土地利用を論じるものである。当然,それ以前の「旧都市経済学」があったはずで,そこでは都市の成立が一つのテーマであった。

たとえば生産性が低い零細農業だけが営まれる世界では,社会の全員が自らの生活の糧を得るためにフルタイムで働く必要があった。しかし農機具の導入は農業生産性の向上につながるから,成員の一部が農機具の生産に特化することが社会的に効率的である。結果的により少ない人員で農耕を賄えるようになり,さらに文化活動など生産に直結しない活動にも余剰労働力を振り向けることが可能になる。そのような非農業活動に従事する人員は,大きな土地を必要とせず,限られた面積に集住することになり「都市」が成立する。その方が財物の交換や,外敵からの防衛にも有利だったからだ,というような説明がなされる。

しかし都市の規模には限界がある。たとえば多くの人口を,適切な面積に収容するためには建築技術の発展が必要であるし,その人口の交流機会を維持するためには街路等の交通インフラが必要とされる。特に上下水道に代表される衛生設備の進歩は,最も基本的な存立要件と言える。コロナ禍を見るまでもなく,人口が密であるほど,ヒトからヒトへの感染症は伝播し易くなる。その意味で都市は本質的に感染症に対して脆弱だが,その弱点を公衆衛生的に補って来たのが,ここ数百年の都市史だと言えよう。今でこそ都市の方が衛生環境が良く,医療機関へのアクセスも良いため長寿だと考えられているが,近年までは都市の方が短命であった。

下表はBogart, W.T.のテキスト(Prentice Hall, 1998)に引用された,Sweden,米国,日本における都市と非都市の15歳または10歳における平均余命の推移をまとめたもの(従ってここでは孫引き)だが,それによれば米国でも日本でも,1930年代には都市部の方が余命が短かったことが読み取れる。別の表では乳幼児死亡率についても,1910年代迄の欧州では都市部の方がかなり高かったことが解るから,都市における健康・長寿は公衆衛生面のインフラ無しには維持できない。たとえば大地震で上下水道が破壊されれば,感染症の発生が現実的な脅威となるから,その意味でも一極集中のリスクについて真剣に考えるべき時期に来ている。

bogart_tab_2-3.jpg

Naming rights

Obama rallies in South Philly's Sports Complex
アメリカ大統領選も大詰めとなり,東部夏時間10月21日にはObama前大統領が選挙応援に参戦した。画像は,PhiladelphiaのSports Complexで行われた最初の集会を報じる地元紙,The Philadelphia Inquirer の記事のスクリーンショット。会場のSouth Philadelphia Sports Complexは,Army-Navy Gamesや3回のWorld Seriesの開催地として知られた"Veterans Stadium"の所在地として有名だったが,それらの施設はすべて建替えられ,現在の施設はnaming rightsの売却により,Citizens Bank ParkやLincoln Financial Field等と呼ばれている。

SEPTA Broad Street Line
公共交通アクセスは,地下鉄Broad Street線の南側終点が最寄になるが,上の路線図ではnrg駅と表記される。これもnaming right売却の結果で,"NRG"はNatural Resources Groupと称するエネルギー会社がオーナーであることを意味する。現在の契約は2018年からの5年間であるが,その前は電話会社のAT&Tが2010年からの8年間naming rightを保有していた。この駅の元々の名称は,駅を東西に横切る通りに基づくPattison駅であった。従って路線の終点は,1973年の延伸以来,Pattison→AT&T→NRGと変わったことになるが,行先表示にも使われる終端駅の名称が,(スポーツ施設の名称とも無関係に)コロコロ変更されるのは望ましいとは思えない。広告収入は入るが,AT&Tへの変更時には収入の半分近くが路線図や案内表示の書換えコストや,広告代理店へのマージンに消えたとされる。

Media endorsement as of Oct. 22
話を大統領選に戻すと,アメリカではメディアは中立である必要はなく,どの候補を支持(endorse)するかを鮮明にする。画像はWikipediaによる,10/22時点の日刊紙の支持状況のスクリーンショット(部分)である。殆どのメディアがBiden支持に回っていて,現時点ではTrump支持は2社に留まる。前回もClinton支持が圧倒的であったにも拘らず逆転が生じた訳だが,注目すべきは前回「支持なし」としていた新聞社が複数Biden支持に回っていることである。

Stereotypes

国民性をstereotypeで類型化することは誤りと知りつつも,以下の落書きを見てニヤリとした自分が居た。(2000年代前半に,某途上国の国連事務所のトイレにて採取。)

Last month, a survey was conducted by the United Nations world-wide.
The only question asked was: "Would you please give your honest opinion about solutions to the food shortage in the rest of the world?"
The survey was a HUGE failure.

In Africa they didn't know what "food" meant.
In Eastern Europe they didn't know what "honest" meant.
In Western Europe they didn't know what "shortage" meant.
In China they didn't know what "opinion" meant.
In the Middle East they didn't know what "solution" meant.
In Australia they didn't know what "please" meant.
And in the USA they didn't know what "the rest of the world" meant.

中国で「自分の意見」を言いづらい点や,米政府が独善的で他国の思惑を考えない点などは,20年近く経った今でも,余り変わらないように見える。

北野白梅町駅

Kitano-Hakubaisho Station
2020年3月20日に供用された北野白梅町駅の「新駅舎」。取り壊された旧駅舎は3面2線のローカル私鉄らしい終端駅だったが,バリアフリー化の代償として駅本屋に相当する構造は姿を消し,宝くじ売場の如き仮設ボックスが駅務室として使われている。また以前は日中行われていた,駅員による集札も通常は行われない。京阪のプレスリリースには,インフォメーションを含む駅前広場整備を20年度に実施予定とあるが,今のところ具体案は提示されず,路線案内では設置されているはずのコインロッカーも撤去されたままである。(2020.6.5)

Signals at Kitano-Hakubaicho and Ebisucho
改築後は2面1線の棒線駅に縮小されたため,出発信号機や場内信号機は必ずしも必要ないが,出発信号機が存置されたのに対し,場内信号機(左図)は撤去された。今回の改築では,ホーム有効長が3両分に延伸されたため,物理的には2列車の進入が可能であるが,現状では保安上不可能である。阪堺・恵美須町駅は当駅に先立って1面1線に縮小されたが,場内信号機に誘導信号機を付ける(右図)ことで2列車の入線を可能にしており,当駅に関しても同様な信号機の建植が望まれる。

※画像はYoutubeの前面展望ビデオのスクリーンショットを編集したものだが,類似の動画が多数あり,具体的にどの動画から抽出したか確認できなくなっている。権利者の方は,URLをコメント欄でご指摘頂ければ対応します。

OMC/WTO


La Corée lance à nouveau un appel à l'OMC...
自由で非差別的な多角的貿易体制の構築を目的とするWTOは,それ以前のGATT (関税と貿易に関する一般協定)を締結国に限らない国際的枠組みに発展させる意図で,Uruguay Round (1986-94)において設立が合意された。非関税障壁の関税化や,不公正な貿易に関する紛争処理に当たって来たが,多国間協定には時間が掛かるため,個別のFTAやEPAが先行するようになり,貿易紛争解決機能も含めてWTOの形骸化が進む印象を受ける。

The Lake side of the WTO building
Le bâtiment du siàge de l'OMC fait face aux rives du lac Léman.
GATTがWTOに改組されたことで,それ以前から存在したWorld Tourism Organization (世界観光機関)と略称が重なったが,2003年に国連専門機関に位置づけられたことで,後者の略称はWTOからUNWTOに変更された。UNWTOの本部はMadridに所在するが,WTO本部はGenève,Léman湖畔に立地する。(2019.9.6)

常磐線全通

An E657 train set passing through Natori Station.
震災後9年となる2020年3月14日のダイヤ改正で,常磐線で最後に残っていた富岡~浪江間が復旧し,特急「ひたち」が仙台へ再び顔を見せるようになった。仙台16:11発の上り26M(E657系10両編成)が名取駅を通過する。仙台発着は3往復で,震災前より1往復減ったが,ローシーズンの連結両数で比較すると,震災前の16両から30両に輸送力は倍増している。10両編成の場合,仙台駅では隣の仙山線ホームからだと,先頭がはみ出てしまうため写真が撮りづらい。(2020.4.29)

E651 Super Hitachi at Sendai Station
震災前はいわき以北では,専ら651系4両の付属編成が運転された(震災1ヶ月前の写真を再掲)。2012年春から,「ひたち」はいわき駅で系統分割される計画だったが,浜通り復興のシンボル的位置づけのためか,取り止めになった。常磐線は海沿いで緩勾配であるため,機関車牽引の時代には東京と東北(北海道)を結ぶ主要ルートであり,震災前時点でも1日4往復の貨物列車がいわき~岩沼間を通過していた。震災以降,貨物は東北本線や羽越線への迂回運行が定着し,泉駅(福島臨海線発着)以北に貨物列車は戻っていないため,その意味では完全復旧とは言い難い。

JR東はこれを以て,東日本大震災の被災区間は全て復旧したとするが,4月1日付で気仙沼線・大船渡線のBRT区間(鉄道と並行する前谷地~柳津間を除く)の鉄道事業が正式に廃止されたことからも,単純に喜べないだろう。

Select Bus Service (SBS)

Route M15 SBS, NYC
国連本部前の1st Ave. 44丁目に停車するSBS M15系統,1269号車。SBSはMTAのBRTブランドで,M15系統は2番目(Manhattan初)の路線として2010年から運行されている。北行が1st Ave.,南行が2nd Ave.を経由するが,1942年まで2nd Ave.にはEl (高架鉄道)が運転されていた。他のEl路線は殆ど地下鉄に代替されたが,2nd Ave.については,2017年に65丁目以北で地下鉄が開業したに留まる。M15系統は南北の基幹ルートとして利用者は多く,SBSに加えてLocal便も運転されている。

Route M34 SBS, NYC
1st Ave. 34丁目に停車するSBS M34系統,5484号車。SBSのバス停には,上屋とMetrocard支払機やデジタルサイネージ等が設置されていて,一般のバス停とは一線を画する。M34系統は,Manhattan島を横断するCrosstown系統初のSBSとして,2011年に指定された。 これには,M34A系統と称する,東側は23丁目まで下がり,西側はPort Authority Bus Terminal (43丁目)へ上がる亜系統が含まれる。Crosstown系統としては,他に23丁目のM23系統,79丁目のM79系統,86丁目のM86系統が運転されている。(2019.1.31)

Ethiopia

African Union Headquarters, Addis Ababa
WHOの現事務局長は,Ethiopia出身のTedros Adhanom氏(任期は2017-22)であり,Ethiopiaが中国から多大な経済援助を受けていることから,中国に忖度し過ぎだとの批判がある。経済規模の拡大に伴い,中国のEthiopiaを含むサブサハラ地域での存在感は増しており,Addis AbabaのAU(アフリカ連合)の本部ビルも,中国主導の設計・施工と,2億ドルの資金提供によって2012年に完成した。またサブサハラ地域最初のLRT(2015)や,陸封国であるEthiopiaをDjiboutiの港湾と結ぶ標準軌鉄道(2018)も,中国の援助によって瞬く間に完成した。(African Union)

Stained glass in UN-ECA building by Afewerk Tekle
Ethopiaは,かつてコプト正教(東方キリスト教の一派)が国教とされ,列強の植民地化を免れた点でも,アフリカでは特異な歴史を持つ国と言える。1974年の帝政廃止から91年の人民革命民主戦線(EPRDF)による首都包囲まで続くエチオピア革命の前から,国連アフリカ経済委員会(ECA)が置かれる等,アフリカの政治的中心の役割を担ってきた。写真は,Addis AbabaのECAの建物(Africa Hall)を飾るステンドグラス。Ethiopiaの現代作家,Afewerk Tekle (1932-2012)による”Total Liberation of Africa”と題する作品で,1958年に制作された。(2013.3.18)


Official Information Related to COVID-19

【Public Health/公衆衛生】
  • OMS/WHO
  • US-CDC
  • CCDC (中国疾病预防控制中心)
  • ECDC (EU)
  • 厚生労働省
  • 国立感染症研究所
  • JAMA (米国医師会雑誌)

    【International Travel/国際旅客】
  • US-DOS (国務省)
  • 外務省
  • IATA (国際航空運送協会)
  • ICAO (国際民間航空機関)
  • UNWTO (国連世界観光機関)

    The plague column, Vienna
    人類はこれまでにも数多の感染症を経験してきた。ペスト(黒死病)は14世紀から数次の大流行を繰り返したが,Graben通に建つWiener Pestsäuleは,17世紀の流行終息を記念してLeopold Ⅰ世(在位1658-1705)の時代に建立されたもので,Wienの観光名所になっている。「COVID-19記念塔」を建てられる状態になるのは,いつの日だろう。(2014.9.5)