Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

銀座町4丁目

「銀座」を名乗る商店街は全国に数多あり,東京の銀座地区に肖って繁栄を願ったものだろう。しかし銀座とは,本来銀貨を鋳造する場所であり,その意味では,これらの商店街に歴史的な意味付けは無い。似たような事例として「小京都」があり,これには全国京都会議なる,関係自治体の協議会が存在する。京都市伏見区にも銀座町があるが,この地名は東京より古い正真正銘の「銀座」に由来し,全国に数多ある〇〇銀座とは一線を画する。

江戸幕府による天下統一以前には,各地で貨幣が鋳造されたようだが,品位の異なる貨幣の併存は商取引に不便であるため,幕府による貨幣の統一が行われた。そのための役所が,1601(慶長6)年に京都の外港であった伏見に置かれ,1608(慶長13)年に京都市内(中京区)の両替町に移転するまで,この地で鋳造が続けられた。京都の両替町(烏丸通の1本西に位置する南北の通り)には,「銀座」という地名は残っていない。

Ginza-cho map
当時は貨幣鋳造が両替業務と深い関わりを持っていたこともあり,伏見でも銀座町を南北に貫く道路は,「銀座町通」ではなく「両替町通」である。さらに言えば,住所としての伏見区両替町は,南から北に向かって1丁目から15丁目まであるが,途中5丁目から8丁目までは欠番になっている。一方,伏見区銀座町は1丁目から4丁目まであるが,これが両替町4丁目と9丁目の間に挟まる形になっているため,実質的には両替町5丁目から8丁目に相当すると見ることができる。

Jizo shrine at Ginza-cho 4-Chome
東京の銀座4丁目交差点は,和光ビルの時計塔に象徴される繁華街だが,伏見の銀座町4丁目は地蔵を祀る祠などがある,住宅と個人商店が混在する普通の町である。かつては京都の街角の町名表示と言えば,仁丹のホーロー看板であったが,盗難の多発もあって,日本郵便のプラ看板に置き換えられている。(2017.1.2)
スポンサーサイト

Trump Tower

Trump Tower at Fifth Avenue, New York.
Trump Towerのある5th Avenueは南行一方通行。56丁目の東北角に当たり,高層建築の多いNew Yorkではとりわけ目立つ高さでもないが,次期大統領選出にあたり,No Fly Zoneが設定された由。(2016.7.10)

A view from I-House.
Chestnut通に面するInternational Houseから,Trump氏の出身校,Pennsylvania大学を望む。南へ延びるのが37丁目で,当時Wharton Schoolの授業が専ら行われていたSteinberg-Dietrich Hallを↓で示す。Penn大も,Trump氏の人格形成には幾ばくかの責任があろう。(1977.8)

熊本城

Kumamoto Castle
4月14日の21:26に発生したM6.5の「熊本地震」は,復元工事が進む熊本城にも被害を与えた。大天守は1960年の復元でオリジナルではないが,屋根瓦が落ちるなどの損傷を受け,石垣も複数個所で崩壊しているが,「余震」が続くため被害規模の確定も難しい。事実,4月16日01:25発生の「余震」の規模は,M7.3と「本震」をも上回るため,こちらが「本震」と後付けされる可能性がある。(2013.5.19)

Toricho, Kumamoto
九州の西側はこれまで,火山性地震はあるものの比較的地震の少ない地域とされて来たが,2005年3月の福岡西方沖地震(M7.0)と言い,「有史以来最大」とされる地震が続いていて,全国どこに居ても地震から逃れることが不可能であることを実感させられる。写真は通町筋から熊本城を見た典型的な観光写真で,電車は現時点の最新型である0800型。軌道敷の芝生化は近年の流行のようだ。(2011.5.22)

熊本市電上熊本駅前ホーム損傷,軌道破断(上熊本駅前~県立体育館前間・段山町~杉塘間),交通局前歩道橋照明灯倒壊,動植物園入口~健軍交番前間軌道陥没4/19始発から神水・市民病院前以西で折返し運転,4/20始発から全線復旧
熊本電鉄北熊本駅ホーム一部損壊等,御代志駅・須屋駅・亀井駅ホーム地割,北熊本~亀井間跨線橋(国道)沈下,線路脇ブロック塀倒壊(数カ所),架線吊り外れ(多数),軌道ズレ(黒髪~藤崎宮前間・坪井川公園口~打越間),池田駅ホーム石積みの一部倒壊4/18始発から藤崎宮前~御代志間運転再開,4/23午後から上熊本~北熊本間運転再開

秦始皇兵馬俑博物館

Qinshihuang's Terracotta Warriors Museum - Outside
東京国立博物館を皮切りに「始皇帝と大兵馬俑」なる特別展が,全国3ヶ所で開催される。紀元前220年頃に築造された始皇帝陵の副葬品とされる夥しい人馬像は1974年に農夫により発見され,1987年に世界文化遺産に指定された。現在は3つの「兵馬俑坑」が秦始皇帝陵博物院の一部として公開されているが,写真は最初に発掘された第1坑の上屋。

Qinshihuang's Terracotta Warriors Museum - Inside
兵馬俑坑は全体を体育館のような建造物で覆われている。写真は第2坑の内部だが,東京国立博物館の解説ページによれば,今回展示されるのは人馬合わせて16体に限られるらしいので,やはり現地のそれとはスケールが違いすぎる。(2013.11.3)

Efate Island, Republic of Vanuatu

Inside market, Port Vila
2015年3月13-14日に南太平洋史上最大級のCyclone Pamにより被害を受けたバヌアツ共和国は,大小80余の島から成るNew Hebrides諸島を領域とする。人口は24万人余りで,首都Port Vilaには約4万5千人が居住する(2009)。

バヌアツは太平洋プレートがオーストラリアプレートに潜込む位置にあるため,世界有数の地震多発地帯であり,自然災害リスクの最も高い国と評価されている。写真はPort Vila,Lini Highway沿いのマーケット内部。(2003.8.11)

  • More of Port Vila pictured in 2002-03.
  • Gare du Musée d'Orsay

    Ministere de l'Education Nationale
    UNESCO本部は7区の南西の境界に位置するが,フランス政府のcounterpartとなる国民教育省は中心部に位置する。1776年竣工の古い建築物で,日本の文科省が入居する虎ノ門の合同庁舎7号館とはだいぶイメージが異なる(もっとも交差点に面する旧館部分は保存され,文化庁が使用)。正式名称は「国民教育・高等教育・研究省」(Ministère de l’Éducation nationale, de l'Enseignement supérieur et de la Recherche)だが,日本の文科省の英語名称は「教育・文化・スポーツ・科学・技術省」(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)であるから,名称が長過ぎる点は共通している。

    Gare du Musee d'Orsay
    7区セーヌ川左岸のオルセー美術館は,フランス南西部への列車が発着するオルセー駅(Gare d'Orsay)として1900年に建設されたが,長距離旅客ターミナルとしての役割は40年弱で終わり,旧駅舎は1986年に美術館に転用された。しかし地下ホームは近郊線の駅としては機能し続けており,1979年には西隣のアンヴァリッド駅(Gare des Invalides)と接続されて中間駅となったが,RER C線のオルセー美術館駅(Gare du Musée d'Orsay)として現役である。(2014.9.11)

    UNESCO

    UNESCO - front garden
    下の記事で「ボランティア活動を義務付ける」という表現が,論理矛盾だと当時の政策担当者は気付かなかったのか?戦時中の特攻隊も,表向きは志願ということになっていたはずだが,「美しい国」ではきっと「志願は義務付ける」ものなのだろう。

    写真は学年暦に限らず,教育・科学技術・文化等に関する国際調整を所掌するUNESCO (国連教育科学文化機関)のパリ7区にある本部の前庭で,近年は「世界遺産」決定の場としても馴染み深い。

    UNESCO - Japanese garden
    本部ビルの東側にある日本庭園で,「野点の茶亭」と名付けられた説明板がある。イサム・ノグチの設計により,1958年に完成したものとあるが,余り利用されている風には見えない。(2014.9.11)

    帝冠様式

    Ji Lin Communist Party Office
    2014年10月17日,国の文化審議会は名古屋市役所と愛知県庁舎を重要文化財に指定するよう答申した。両者とも帝冠様式の代表的建築物とされるが,前者は1933年,後者は1938年に竣工している。前者の「帝冠」は正面中央の塔屋だけであるのに対し,後者は日中開戦後の国威発揚期に建築されたこともあり,全体的に城郭をイメージさせるデザインになっている。

    長春市の共産党吉林省委員会の建物も,典型的な帝冠様式の建築物として知られるが,愛知県庁舎の6階建・塔屋部7階と比べて,3階建・塔屋部5階であるため,より城郭のイメージが強調される。長春市は旧満州国の首都・新京であり,この建物は旧関東軍司令部として,1934年に南北のメインストリートであった大同大街(→人民大街)と新発路の交点に竣工した。

    Chang Chun Post Office
    旧満州国時代の建物は多く保存されているが,当初と同じ用途で現在も使われている建物は多くはないと思われる。その一例が人民大街の長春駅寄りに位置する長春郵政局庁舎で,かつての新京中央郵便局である。(2007.4.1)

    台北の事件


    5月21日に捷運・板南線の龍山寺~江子翠駅間で無差別殺傷事件が発生したが,どこの国でも困った人物は存在する。凶器がナイフや鋸だと被害は限定的だが,アメリカのように銃器が野放しだと被害は拡大する。NRAは「悪いガンマンを制圧できるのは良いガンマンだけだ」と主張するが,問題は「良いガンマン」が「悪いガンマン」に豹変するのを防げない点だろう。

    写真は文湖線VALとの乗換駅である忠孝復興駅で,明かり区間の無い「藍線」の数少ない1枚。台鉄は左側通行だが,地下鉄は自動車と同じく右側通行をする。これには北京,ソウル(1号線を除く)やパリ(RERを除く)など類例も多いが,自動車が左側通行で鉄道が右側通行の国はインドネシア以外にあるのだろうか。(2007.10.10)

    バンコク情勢について(2)


    PDRC(人民民主改革委員会)による反政府活動は,規模を縮小しつつもルンピニ公園を拠点に継続してきたが,5月12日に官庁街のRatchadamnoen Nok通に拠点を移した。結果的に,ルンピニ公園は約4ヶ月ぶりに市民に開放されることになった一方で,5月20日には軍がタイ全土に戒厳令を出す展開となったが,今のところ大きな混乱は生じていない由。

    写真はRatchadamnoen Nok通とPhadung Krung Kasem運河の交点に位置する国連ビルから,首相府のある一画およびアナンタサマーコム宮殿方向を望んだもの。今頃は写真の道路が反対派に占拠され,混乱を来しているものと思われるが,最新の情報はこちらのニュースサイト等で確認されたい。(2004.12.29)

    追記:5月22日夜になって軍によるクーデターが宣言され,反対派拠点の撤収が開始されたが,事態の収拾までには紆余曲折が予想される。

    FC2Ad