FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西南北

日本国内の鉄道駅名で,東西南北が揃う地名は「浦和」しかないことはよく知られている。さらに中浦和と武蔵浦和もあるため,「○浦和」と称する駅はJR線だけで,単なる「浦和」を含めて7駅になる。それに次ぐのは,JR線では「広島」があるが,東広島は新幹線が開通した1988年から,貨物駅が広島貨物ターミナル駅に改称する93年まで,2つの駅が異なる場所に併存した。北広島駅は千歳線にあるため反則的だが,南を除く5駅が同時に存在した。「梅田」についても,阪急・阪神・大阪メトロの梅田駅に加えて,大阪メトロの東西梅田駅に,計画中のなにわ筋線北梅田駅が加わると6駅になる。加えてJR東西線の北新地駅は,実質的には南梅田と呼んでも差支えない位置にある。

路線名で見ると,東西南北が存在した町は大阪しかない。現存するのは近鉄南大阪線だけだが,現在の阪神なんば線は,1964年の西九条開業時から2009年のなんば延伸まで西大阪線と呼ばれていたし,現在の近鉄けいはんな線の長田~生駒間は1986年から2006年の登美ヶ丘延伸まで東大阪線であった。北大阪線は阪神の軌道線として,野田~天六間を1975年まで運行していたが,路線特許を受けたのは北大阪電気軌道であった。他にも阪急千里線の前身は北大阪電気鉄道であり,1928年に京阪電鉄に合併されるまで存在したし,地下鉄御堂筋線の延伸部分に相当する北大阪急行(南北線)も,北大阪線と呼ばれても不思議はないが,1970年の開業時にはまだ阪神北大阪線が営業中であった。JRおおさか東線(城東貨物線)は2008年に旅客営業を開始しているので,近鉄東大阪線とは時期が重ならない。

国内の地下鉄で一番ありふれた路線名は「東西線」であり,札幌・仙台・東京・京都・大阪(JR)・神戸(神戸高速)の6都市に存在する。「南北線」は京都(烏丸線)を除く5都市に存在するが,北大阪急行と神戸高速(新開地~湊川間0.4キロ)の影は薄い。
スポンサーサイト

右側通行・左側通行

道路交通については,世界的には右側通行が主流で,人口比にして凡そ2/3を占めると言われる。左側通行は日本以外には,英国とその旧植民地が殆どで少数派だが,鉄道については道路より格段に主流だと言えよう。

たとえば道路は右側通行だが,鉄道は左側通行である国や地域には,中国・台湾・韓国・フランス・ベルギー・スイス・イタリア・ポルトガル・スウェーデン等が含まれる。ただし鉄道の場合,単線区間が多いので,左右の違いはさほど問題ではなく,通行方式の切替えは駅構内で容易に実現できる。これらの地域では,幹線鉄道は左側通行だが,都市鉄道(地下鉄等)は右側通行をする場合も多い。たとえばソウル地下鉄だとKNRに乗入れる1号線のみが左側通行で,それ以外の路線は,KNRへ乗入れる4号線等を含めて右側通行になっている。

スウェーデンは欧州大陸には珍しく左側通行で残っていたが,1967年9月に道路交通を右側に切替え,周辺諸国との統一を図った。このため路面電車では,併用区間と専用軌道の境界で平面交差が必要になった。ミャンマーも1970年12月に右側通行に切替えたが,時の独裁者が星占いに基づいて行ったという説があるくらい必然性に乏しい。ミャンマーは左側通行のタイ・バングラデシュ,右側通行の中国・ラオスと接しているが,「アジアハイウェイ1号線」がベトナム・カンボジア・タイ・ミャンマー・バングラデシュを辿るルートとされることを考えても,前者のウエイトが高いからである。

逆に道路が左側通行で,鉄道が右側通行をする国としては,インドネシア以外に知らないが,同国の鉄道は旧宗主国のオランダが建設したためだと思われる。日本では戦前は人も車も左側通行であったが,戦後GHQが右側通行への切替えを計画し,まず人だけを「対面交通」と称して右側通行へ切替えた。その方が事故が減るという口実であったが,実は続いて自動車交通も右側に切替えることを企図していた。その障害となったのが路面電車であり,ポイントの類を切替える(たとえば折返し用のスプリングポイントも反転が必要)のに費用が掛かりすぎる点がネックになったと言われる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。