FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

Hoboken Station, NJ

Hoboken Station built in 1907.
New Jersey側のHudson河畔に位置するHoboken駅本屋は,1907年にDelaware, Lackawanna, and Western鉄道のターミナルとして建設された。現在はNew Jersey Transit (NJT)のCommuter Railのターミナルとして使用されている。Hudson河畔に幾つもあった鉄道会社の水陸連結ターミナルとしては唯一現役であり,駅本屋の向かって左翼側がフェリーターミナルとして利用されている。

Departure board of NJT commuters.
Commuter Railの櫛型ホームの出発案内。平日の昼間時間帯に毎時4本の発車は,アメリカの都市鉄道としては少なくはないが,17番線まである巨大なターミナルが必要なほど頻繁とは言えない。機関車牽引列車が多いことは事実だが,基本的にpush-pullなので,機回しに時間を要する訳ではない。

PATH Station at Hoboken.
Manhattanへの往来は,PATH (Port Authority Trans-Hudson鉄道)が主力であるため,乗客の流れは桟橋ではなく地下へ向かう。Hoboken-Manhattan間の路線は1908年に開通しているので,現・駅本屋の建設当初から,フェリーから鉄道への転移が進んでいたことになる。Hobokenからは,33rd Street (Penn Station)行とWorld Trade Center (WTC)行の2系統が運転されるが,電光表示は2番線をWTC行と案内しているにも拘らず,列車には33rd Street行と表示されている。(2018.2.8)
スポンサーサイト

FC2Ad