Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

近鉄特殊狭軌線

Car No.163 between Utsube and Ogoso.
近鉄は四日市市内の内部・八王子線の存廃を,今夏を目途に決定したい旨,地元への協議を申し入れている。三重交通の時代には,湯の山線とも直通運転が行われていたが,北勢線分離後は近鉄に残る最後の762ミリゲージとなり,他線との資材共用が不可能である点も高コストにつながっている。近鉄では,行政の支援を前提に軌道敷のBRT化を提起している。鹿島鉄道跡の専用道は上下分離方式で整備されたが,旧踏切道での安全確認が要求される等,優先通行に関する法的整備が必要だろう。写真は内部~小古曽間を行くク163号外3連。(2009.9.19)

Kintetsu Utsube Depot
内部駅には,特殊狭軌線の全車両が所属する車庫が併設される。上の写真と同じ,ク163+サ123+モ263の編成が整備中だが,富吉検車区の分庫の位置付け。行政側の鉄道に関する設備面の要求水準が高過ぎることが,地方路線の撤退を促進している面はあり,たとえば保安設備の改良費用が賄えないことを理由に,保安設備が事実上存在しないバスへの移行を強いるのはナンセンスとも言える。(2010.6.6)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/166-31927a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad