Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

Ebola is Real



2014年西アフリカにおける流行は3月下旬のギニアから顕在化したが,10/17時点ではリベリアが最大の感染国になっていて,感染者の47.5%,死亡者の55.9%を占める。最新の情報については以下を確認されたい。
  • WHO/OMS (世界保健機関)
  • CDC (アメリカ疾病対策センター)

    「エボラは現実」は,現地で広まる「エボラは欧米の陰謀」と言った風説に対抗するキャンペーンである。医療関係者や隔離施設に対する襲撃が状況を悪化させることは明らかだが,初等教育の普及率の低さが問題を深刻化させる。以下はリベリアの代表的地元紙だが,Daily Observerは時々この手の「とんでも説」を紹介する。
  • The Inquirer
  • The Heritage
  • Daily Obeserver

    なお3大流行国と感染抑込みに成功したナイジェリアについて,2012年時点の初等教育修了率,1人あたりGNI (2005年米ドルによる購買力平価)を比較すると,下表のようである。(世銀データ)

    GuineaLiberiaSierra LeoneNigeria
    初等教育修了率61%65%(2011)72%76%(2010)
    1人あたりGNI$970$580$1,340$2,450

    国連の「絶対的貧困」は1日$1.25以下で暮らす人を指すが,これは年所得では$456に相当する。リベリアの1人あたり国民所得はそれより27%高いだけであり,隣国のシエラレオネの半分以下である。リベリアの1人当たりGDP(名目ドル)は,第1次内戦の直前,1988年の$478が最大で,今だにそのレベルを回復していない。

    「エボラは現実」をアピールするキャンペーンソングは"hipco"と呼ばれるリベリア・ヒップホップの形式で,UNICEF・保健社会福祉省と地元FM局との合同プロジェクトにより制作された。(体液を唾液から精液まで例示したり,死体に触るなとか,歌詞は率直かつ教育的。)
    スポンサーサイト
  • コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/198-5a808637
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad