Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

Gare du Musée d'Orsay

Ministere de l'Education Nationale
UNESCO本部は7区の南西の境界に位置するが,フランス政府のcounterpartとなる国民教育省は中心部に位置する。1776年竣工の古い建築物で,日本の文科省が入居する虎ノ門の合同庁舎7号館とはだいぶイメージが異なる(もっとも交差点に面する旧館部分は保存され,文化庁が使用)。正式名称は「国民教育・高等教育・研究省」(Ministère de l’Éducation nationale, de l'Enseignement supérieur et de la Recherche)だが,日本の文科省の英語名称は「教育・文化・スポーツ・科学・技術省」(Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)であるから,名称が長過ぎる点は共通している。

Gare du Musee d'Orsay
7区セーヌ川左岸のオルセー美術館は,フランス南西部への列車が発着するオルセー駅(Gare d'Orsay)として1900年に建設されたが,長距離旅客ターミナルとしての役割は40年弱で終わり,旧駅舎は1986年に美術館に転用された。しかし地下ホームは近郊線の駅としては機能し続けており,1979年には西隣のアンヴァリッド駅(Gare des Invalides)と接続されて中間駅となったが,RER C線のオルセー美術館駅(Gare du Musée d'Orsay)として現役である。(2014.9.11)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/202-1bcd148f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad