Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

Union Station, Washington, DC (WAS)

Union Station, Washington, DC
Washington, DCのユニオン駅は,かつて個別に首都に乗入れていたPennsylvania鉄道(PRR)とBaltimore & Ohio鉄道(B&O)が,共用のターミナルを計画したことに始まる。国会議事堂からも近く,首都の表玄関としての威容を誇る歴史的建造物は1908年に竣工した。その後,鉄道の衰退に伴って疲弊していたが,1988年の修復工事を経て,駅自体が観光名所になっている。

Main Hall at Union Station, DC.
メインホールは,樽型ヴォールト天井の下に26体の「百人隊長」の彫像が佇立する荘厳な空間を構成している。かつては写真右手に隣接する長大なかまぼこ型コンコースに列車乗降用ゲートがあったが,現在は阪急・梅田,南海・難波,西鉄・天神等と同様に,鉄道施設はニューヨーク方に後退させられ,空いたスペースは商業施設に割り当てられている。

Upper level tracks at Union Station, DC
地平に北東回廊を含む北方向への7番線から20番線の櫛形ホーム,下層には1st St.トンネルに通じる南北直通用の22番線から29番線という2層構造は,(上下層の構成が逆ではあるが)上野駅を想起させる。写真は地平ホームの10番線~13番線付近。Acelaのようなpush-pull編成もあるが,北東回廊はまだ機関車牽引列車が多い。(2014.11.14)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/206-3ead1022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad