Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

国立大学共同研修施設

夏は合宿の季節だが,国立大学共同研修施設は近畿を除く各地区に2箇所ずつ設置されている。かつて利用した人も多いと思うが,施設一覧はWeb上に見つからないので,備忘録的にまとめる。ただし公務員の定員削減(法人化後は人件費への効率化係数→改革促進係数適用)によって,旧行(二)職の欠員不補充が一般化しているため,民間委託の施設が増加してきている。

大学職員で運営されている場合は,週休2日や計画年休が適用されるため,開所日減少に伴う混雑とスケジュールコストの増加が使い勝手を悪くする一方,民間委託の場合はサービス要求水準を適切に定めることにより休日を少なく設定できる。さらに二部料金制に類する方法で,対象地区以外の参加者の料金を高くしたり,極端な場合は参加を拒否する施設もあるなど,運営方法には統一性が無い。

中には一般客を受け入れる施設まであるが,他地区からの参加者を拒否するのは教育面での交流を阻害することになるため,本来の研修目的にはそぐわない。一般に関税障壁の方が非関税障壁より厚生損失が少ないのと同様,他地区参加者を物理的に排除するよりは,他地区参加者への加算料金を設定する方がマシだと言える。

[北海道地区]
  • 大滝セミナーハウス(北海道大学):伊達市大滝区
  • 屈斜路研修所(北見工業大学):北海道川上郡弟子屈町

    [東北地区]
  • 川渡共同セミナーセンター(東北大学):大崎市鳴子温泉字原
  • 蔵王山寮(山形大学):山形市大字蔵王字地蔵山

    [関東甲信越地区]
  • 草津セミナーハウス(群馬大学):群馬県吾妻郡草津町
  • 山中共同研修所(筑波大学):山梨県南都留郡山中湖村

    [東海・北陸地区]
  • 中津川研修センター(名古屋大学):中津川市苗木
  • 辰口共同研修センター(金沢大学):能美市松ヶ丘

    [中国・四国地区]
  • 大山共同研修所(鳥取大学):鳥取県西伯郡伯耆町
  • 西条共同研修センター(広島大学):広島県西条市

    [九州地区]
  • 九重共同研修所(九州大学):大分県玖珠郡九重町
  • 島原共同研修センター(長崎大学):島原市礫石原町
    スポンサーサイト
  • コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/215-c08fa11c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad