Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

30th Street Station (PHL)

30th Street Station facing Market Street, Philadelphia
Philadelphiaの中心駅である30th Street Station。1933年に現駅が完成するまでは,West Philadelphia Stationと呼ばれた小駅に過ぎず,長距離列車はSchuylkill川を渡った頭端駅であるBroad Street Stationに発着していた。写真左に,Market通に面した駅本屋の南側面が見えるが,車寄せを持ったメインエントランスは建物の東西に位置する。1955年に地下化されるまでは,地下鉄と路面電車は中央に見える電力会社(Peco)の建物の位置で地上に出て,Schuylkill川を複々線の橋梁で渡り,地下鉄(MFSE)は当駅前から高架に移行したため,南側面には軌道構造物が輻輳していた。

Inside of 30th Street Station, Philadelphia
1991年に修復作業が終わった直後の駅本屋内部。Amtrakでは3番目の乗降客数を誇る大駅であるが,Northeast Corridorに代表される長距離列車は,下層レベルの南北を短絡するプラットホームを発着する。通勤列車はSchuylkill川を渡ってCommuter Connection経由で旧Reading線に直通するため,東西方向の上層ホームに発着する。(1993.4.4)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/235-9c656d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad