FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナス科植物と蒸気機関

ナス科は,食文化に最も大きな影響を与えた野菜のグループであると言うことが出来よう。ナス以外に,ジャガイモ,トマト,ピーマンやトウガラシ類が含まれる。このうちナス自体はインド原産とされるが,それ以外の殆どの種は中南米原産であり,15世紀末にコロンブス(Christopher Columbus, ca.1451-1506)がアメリカ大陸に到達するまで,旧大陸には存在しなかったことになる。従ってそれ以前には,ドイツ料理はジャガイモ抜き,イタリア料理はトマト抜き,朝鮮料理はトウガラシ抜きであった訳で,タバコ(これもナス科植物)や梅毒等の有難くないもの以外にも,コロンブスが人類に与えた影響は少なくない。

sbiii.com
工業化の過程で,最も偉大な発明はワット(James Watt,1736-1819)による蒸気機関の発明だろう。蒸気機関車は電車や気動車に取って代わられていて,過去の遺物にしか見えないが,熱エネルギーを運動エネルギーに変換する簡便な手段であることには変わりがない。第2次大戦期に石炭の入手困難から,スイス国鉄が電気蒸気機関車(e3/3形)を走らせたことはよく知られている。架線から電気を取って電熱ポットで湯を沸かせばよい道理だが,無煙化は達成できても熱効率は恐ろしく低かったと思われる。現代でも原子力発電は基本的に蒸気機関であって,湯を沸かして蒸気タービンを回すという構造は,熱源の違いを除けば火力発電も同じだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/250-4c77e2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。