Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

松山機場(TSA)

First Terminal Building at Songshan Airport
台北市松山区にある「台北国際空港」は,日本統治時代の1936年の開港。1979年に国際線機能が「桃園国際空港」(中正機場)に移転してからは,成田に対する羽田のような位置づけで,国内線専用空港として運用されて来た。しかし2007年の高鐵開業に伴う国内線減便で容量に余裕が出たため再国際化が計画され,2010年の羽田再国際化に際して,都心寄りの利便性が高い空港として,ソウル・金浦,上海・虹橋と共に就航相手に選ばれた。写真の第1ターミナルは1971年竣工で,2011年以降国際線専用で運用されている。(2017.9.9)

Brown Line Station at Songshan Airport
「松山」は台鉄・縦貫線(北段)で台北の隣駅であるが,信義区に所在し南東に約3km離れている。かつては松山駅から松山機場線と称する1.5kmの支線(=現空港よりかなり手前で終点)があったが,1976年に廃止されている。2009年7月に台北捷運最初の路線である木柵線(Brown Line)の事実上の延伸として,中山国中駅と南港を結ぶ内湖線が建設されたことで,両線は文湖線として一体運用されており,松山機場への軌道系アクセスを提供している。写真は松山機場駅ホームだが,台北唯一のVALシステム(AGT4両編成)であるため,輸送力は若干不足気味である。(2017.9.11)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/255-4f2109e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad