FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

単独行動主義(卓袱台返し)

Donald J. Trumpが大統領に就任して以来,「米国第一主義」の名の下に,既存の合意からの一方的な離脱を宣言する等,これまでの外交的レガシーを無視する行為を繰り返し,国際情勢を不安定化させている。物事は均衡で動いているので,長期的な国益と目先の利益が相反することがママあるが,その辺の思慮が不足した指導者の誹りを免れない。たとえば,国際的には以下のような事象が挙げられる。

(1) 就任早々に,環太平洋パートナーシップ協定(TPP)(2016年2月)からの離脱を宣言。同協定には18年3月に米国を除く11ヶ国が署名したが,協定案自体,著作権法など米国の主張を大幅に取り入れたもの。
(2) 同時に北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉に入ることを宣言。2018年9月にUSMCAとして合意に達する。
(3) 2017年6月に,196ヶ国で合意した地球温暖化対策の国際枠組み,いわゆる「パリ協定」(2015年12月)から離脱。2016年11月時点で,批准国(団体)は110に達して発効。
(4) 2018年1月のセーフガード,3月の通商拡大法232条による鉄鋼・アルミニウムへの追加関税措置に対抗して,4月に中国が128品目に報復関税を発動して米中貿易摩擦が激化。以後3次に渡り,対象品目が拡大される。
(5) イランの核開発施設縮小や条件付き軍事施設査察などの履行を含む最終合意に基づき,米英仏独中露6か国協議(P5プラス1)は2016年1月にイランに対する経済制裁を解除したが,18年5月合意離脱を宣言(残り5ヶ国は合意維持)。
(6) 2018年5月に在イスラエル米国大使館をエルサレムに移転。エルサレムはイスラム・ユダヤ・キリスト教の聖地であり,潜在的に首都と認めつつも,直接的なコミットを避けることで維持されて来た宗教間の均衡を破ることになる。
(7) 1987年12月に米国とソビエト連邦の間で結ばれた,中距離核戦力全廃条約(INF)の破棄を一方的に宣言(2018年10月)。軍拡競争の再現が懸念される。

条約の批准には議会の承認が必要であるが,(7)は明確に条約であり,議会の承認なしに破棄することが法的に正しいのか疑問に感じられる。多くの点で「アメリカに不利(有利)」であることを理由とするが,明確なエビデンス無しに,思い込みで政策決定をしているようにしか見えない。国内的にもオバマケアの破棄など,問題は多々あるが,反知性主義的な政策運営は日本も他山の石とせねばなるまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/261-f13e603a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad