FC2ブログ

Trolley.Net Blog

http://blog.trolley.net/

令和

陳腐だが,真っ先にゼロサム(零和)ゲームを連想した人が多かっただろう。
アベノミクスでGDPのパイは大きくならず,分配の偏りが拡大しただけ,という時代背景を象徴するようだ。

国内総生産(支出側)の推移(暦年)
20002005201020112012201320142015201620172018
名目526.71524.13500.35491.41494.96503.17513.88531.32535.99545.12548.90
実質461.71489.62492.02491.45498.80508.78510.69516.93520.08530.11534.29
※単位は兆円,実質値は2011年度基準。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://trolley.blog78.fc2.com/tb.php/268-902af1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)